採用データ ファインレザーの挑戦者 事業所紹介 会社データ 登録・お問い合わせ
 

FILWELの擁するファインレザー技術は、旧・カネボウ新素材事業部が天然皮革の構造をモデルにして世界に先駆けて開発した高分子複合技術をベースにしています。繊維と高分子樹脂を高度な複合技術により構築したこの複合体テクノロジーは、機能性とクオリティに優れたFILWELの超精密研磨パッド製品や人工皮革素材を生み出してきました。
そしてまだ誰も知らない新しい可能性を秘めているファインレザーの領域へ。FILWELは蓄積した繊維・高分子複合技術をベースに、さらに新たなファインレザーの研究開発を積極的に行い、社会に貢献することができる新しい価値を生み出していきます。この夢のある大きな挑戦の主人公は、旺盛な創造力としなやかな感性を持ったFILWELの研究者や技術者です。




開発部 研磨材開発課
金沢大学大学院 自然科学研究科物質工学専攻
2002年卒業


次世代ハードディスク基板用研磨パッドの
開発にチャレンジ


実は、入社して最初に手掛けた試作品の製作で大失敗しました。実験室では「これはいける」と思っていた自信作でしたが、生産レベルでの試作においてとうていお客様に提出できない、本来のターゲットとは異なった失敗作になってしまったのです。この体験があって、プロフェッショナルの現場で扱うスケールの違いを驚きとともに実感し、また、学生時代に学んだことや実験室での知識だけでは通用しないことを痛感しました。プロの厳しさを学んだ体験でした。

この仕事のおもしろさは、自分のイメージやアイデアがカタチとなって自由に表現できるという点にあります。毎日、実験室と生産ラインを行き来しながら、自分の興味をもった仕事に携わることができる喜びやおもしろさを感じています。そのうえ、自分の手から生まれた開発品がお客様から高く評価された時には、技術者として最高の満足感を味わえます。
現在は、次世代ハードディスク用研磨パッドの開発という課題を与えられています。急速に進化するハイテク業界だけに、お客様の要求もますます厳しくなり、つねに現状以上の性能を実現するというミッションを担いますが、これまでのデータ等を精細に分析し、自分なりのアイデアを加えることで、お客様のニーズに応えられるよう頑張っています。

キャリアに関係なく、全員一丸となる強さ。
それがFILWELの企業文化


FILWELでの私の仕事は、家族や友人、彼女に「パソコンやカーナビ、iPodの心臓部であるハードディスクの容量を増やす仕事なんだ」と胸を張って言えます。今後、FILWELの製品が研磨の分野でますます必要不可欠なものとなってくるのと同様に、私自身がFILWELにおいて必要不可欠で、社内からの期待に応えられる存在となりたいと考えています。
また学生時代からスポーツが大好き
だったので、FILWELにおいてもオフの時にはいろいろと楽しんでいます。たとえば社内には大会で優勝を争えるほどのソフトボールチームがあります。このチームの強みは、なんといっても全員で守って勝つ全員一丸プレー。この雰囲気も、社内全員が共通の意識をもって仕事に全力で取り組むというFILWELの企業文化から生まれているものです。先輩や上司には、勤務中は当然のことながら、プライベートにおいてもゴルフをご一緒させていただいたり、いろいろな相談にのっていただいたりと大変お世話になっています。自分のモットーである「遊び心を忘れない」を大切にして、公私ともにFILWELでますます充実させていきたいと考えています。


開発部長
九州工業大学・工学部・環境工学科 
1991年卒業


10年以上の開発経験を活かし、
新たな研磨材開発に取り組むチームを率いる


もともとファインレザー(人工皮革)は、本皮のイミテーションとして作られたものですが、その技術は応用と革新により、靴・衣料等の素材のみならず、近年では精密研磨パッドとしてIT向け研磨材市場にまで適用されるようになりました。今後も用途開発を繰り返すことにより、人間の活動において無くてはならない役割を果たしていくものと考えられます。
FILWELではこれまでIT関連市場において、
ハードディスク基板やシリコンウエハ基板用の研磨資材等を製造・販売してきましたが、わたしたちの開発チームは現在、さらにあらゆる用途への拡大に向けて、お客様のニーズに対応できるよう幅広くかつ高精度な開発業務に注力しています。
FILWELの明日を担うこの重要な仕事を成功に導くために、私自身は、長年にわたる人工皮革分野におけるマイクロファイバースエード製品の開発やスポーツシューズメーカーへの海外拡販等の豊富な経験を活かし、期待を集めるプロジェクトチームのリーダーとして次世代研磨資材開発に取り組んでいるところです。


豊かな技術力、生産・販売・研究の連携パワーで、
次の時代へパワーアップ


たゆみなくテクノロジー・イノベーションを追求するために、わたしたちは他企業との交流や砥粒加工学会等への参加・各種講習会への参加などを積極的に行ってきました。またユーザー様へのプレゼンテーションを行うために、国内のみならず東南アジアや米国・欧州など海外出張の機会も多く、わたしたち技術者にはとてもやりがいのある仕事環境が与えられてきました。こうした情報収集、人材交流や独自の技術探索、技術発表の豊富な経験と実績が、FILWELの豊かな技術的バックボーンそのものなのです。だからこそ、FILWELという会社としてはまだ生まれたての赤ん坊でありながら、前企業より長年にわたって培われてきた技術力や生産・販売・研究の連携において、他企業にけっして引けを取らない確かな実力があるのです。
FILWELは現在、一般への認知度が低い資材メーカーですが、ファインレザーの新たな用途開発と未開拓分野での技術革新に積極的に取り組み、ユーザー様はもちろん、一般の方々にも信頼度の高い技術志向の企業と認知していただけるよう技術の面から支えていきたいと思います。
自分の持つ力を発揮してみたいと思う方は、ぜひFILWELの一員になりませんか。

営業部 研磨材営業課
早稲田大学 法学部 
1992年卒業


世界中で使われるハードディスクの陰に、
FILWEL研磨パッドの存在

いまやわたしたちの生活に必要不可欠になっている産業のひとつに電子材料業界があります。この電子材料の技術の進歩に、FILWELの研磨パッドが与える影響はけっして小さくありません。研磨パッド製品そのも
のは電子材料の最終仕上げプロセスで使用されるため、一般のみなさんの目に触れることはありません。しかし、精密に加工された1枚、1枚の研磨パッドは、電子材料という世界規模の業界を支える非常に重要な資材なのです。
わたしたちの誇る研磨パッド製品は電子材料メーカーのお客様の追求する最終品質に大きく関わっており、世界的な企業からの大きな支持という事実にわたしたちの責任の大きさを感じます。
FILWELでは現在得意としているハードディスク分野に加え、今後は半導体市場への拡販も強化していく予定です。いずれの業界もいまや産業の中核といえる分野であり、FILWELのめざす市場はますます伸びていくと確信しています。

理想の研磨技術を追求するために、
お客様と開発者のコーディネーター役を担う


研磨パッドの業界は非常に技術要素が高いという特長があります。したがって営業には研磨技術全
般にわたる豊富な知識が必要であり、また電子材料業界の進化の速さに対応できる調整力も必要となってきます。私自身も日頃から研磨技術に関する情報収集を進め、また時代や市場へのアンテナを敏感に張り巡らせ、営業として
社外・社内に対応できるよう努めています。
まず、お客様に対して
は、これは最も重要な仕事ですが、じっくりとお話やご要望、お悩みをお聞きします。そしてお客様のご要望につねに前向きにご対応し、お客様のご満足が得られるよう最善のサポートを行います。次に、社内においては、お客様からのお話を反映し、技術者を交えて開発課題や品質保証への対応などを中心に緊密な打ち合せを頻繁に行います。
正直言って、厳しいご要望を持つお客様とのやり取りはけっして楽しいことばかりではありませんが、その分私たちへの期待の大きさを感じますし、技術者との連携によって目標を達成した時の喜びもとても大きい仕事です

当サイト上のコンテンツは株式会社FILWELに帰属します。
許可無き転用、転載はご遠慮下さい。
Copyright©2005 FILWEL CO.,LTD. All rights reserved.